TOKYO DOME CITY TOKYO DOME CITY

東京ドームシティ メインメニュー

閉じる

閉じる

東京ドームシティ公式SNS

お化け屋敷「怨霊座敷」
夏の特別演出『怨み針の女』

Haunted House

ラクーアゾーン

お化け屋敷「怨霊座敷」夏の特別演出『怨み針の女』
  • 現在の待ち時間

※『怨み針の女』開催期間終了後、「怨霊座敷」は9月27日(金)より営業再開予定です。

ミッションは<夜雨子が枕の下に隠した写真を探し出す>こと。

夏の特別演出はココが違う!

1)「怨霊座敷」のストーリーをアレンジ!
2)恐怖演出がパワーアップ!夜の【ハード ver.】は恐怖演出がさらに倍増!!
3)新たに重要なミッションが与えられる!
ミッション:<夜雨子が枕の下に隠した写真を探し出す>

[開催概要]

  • タイトル :
    お化け屋敷「怨霊座敷」夏の特別演出『怨み針の女』
  • 開催期間:
    2019年7月13日(土)~9月23日(月・祝)〔73日間〕

    ※7/1(月)~12(金)の期間、お化け屋敷「怨霊座敷」の営業は休止

    ※『怨み針の女』開催期間終了後、お化け屋敷「怨霊座敷」は9月末ごろより営業再開予定

  • 開催時間:
    【ノーマル ver.(昼の部)】10:00~16:00

      【ハード ver.(夜の部)】17:00~22:00

    ※【ノーマル ver.】と【ハード ver.】で演出が一部異なります。

    ※混雑状況により受付終了時刻が変更になることがあります。

    ※8月10日(土)~18日(日)は9:30開園

    ※9月2日(月)以降は21:00閉園

  • 利用料金:
    1,030円

    ※【ノーマル ver.】はワンデーパスポート・ライド5・アトラクション1回券での利用可

    ※【ハード ver.】はワンデー/ナイト割引パスポート・ライド5・アトラクション1回券での利用不可

  • 年  令:
    6歳以上
  • 企画制作
    :(株)オフィスバーン
  • プロデュース
    :五味弘文
  • 映像演出
    :チームラボ
スキップパス
お化け屋敷「怨霊座敷」夏の特別演出『怨み針の女』
利用料金 :
1,030円
年令:
6才以上
身長:
制限なし
雨天の利用 :
  • 雨でもOK
お化け屋敷「怨霊座敷」夏の特別演出『怨み針の女』

Story

ストーリー

その家には、かつて夜雨子という女性が暮らしていました。しかし、夫とその浮気相手の謀みによって、病に倒れてしまいます。二人の悪行は止まることがなく、寝ている夜雨子の前で、彼女の顔写真に針を刺します。夜雨子が、写真から針を抜いて枕の下にしまっても、翌日には同じことを繰り返します。彼女は疲弊し、とうとう亡くなってしまいました。二人は死体を床下に埋めて、家を出て行きました。

その後、その家に引っ越して来た夫婦は、奇妙な経験をするようになります。真面目だった夫が浮気を始めるようになり、帰りを待つ妻の布美子の耳に、女の声が聞こえてきます。

「あいつに、私と同じ苦しみを味あわせてやる。さあ、針を刺せ」

帰宅した夫は、布団に入った直後、絶叫を挙げます。枕の中に大量の針が仕込まれていたのです。次の瞬間、針を持った布美子が覆い被さってきました。その顔は布美子ではなく、あの夜雨子の顔でした。彼女の呪いは、今でもその家に染みついていたのです。

その怨念を解く方法はたったひとつ。夜雨子の枕の下に隠された写真を探し出してくることだけです。その写真には、大量の針穴が開いています......!

怨霊カメラ

フレームデザイン例

SNS連動型自撮りサイネージカメラ『チームラボカメラ』が『怨霊カメラ』バージョンとして登場!
サイネージの前に立ってボタンを押すと自動的に撮影が始まり、加工を施された画像が東京ドームシティ アトラクションズの公式Facebookページにアップロード(任意)され、自由にダウンロードやSNSでシェアすることができます。また、「怨霊座敷」のLINE@アカウントと連携させ、撮影した写真や動画が、LINE@から ダウンロードできます。「怨霊座敷」のLINE@アカウントと友達になり、撮影後にモニターに表示されるIDを打ち込むと写真や動画のダウンロードが可能で、InstagramなどのSNSに自由にシェアすることができます。
※撮影された動画は、Facebookページ上では閲覧のみ可能です。(ダウンロード不可)
「怨霊座敷」を体験した興奮を『怨霊カメラ』で家族や友達にシェアしてみよう!

「怨霊座敷」限定オリジナルフレーム! フレームは全3種!

料 金:無料  ※ご利用はお化け屋敷「怨霊座敷」を体験された方に限ります。
場 所:お化け屋敷「怨霊座敷」出口付近 ※お化け屋敷「怨霊座敷」体験後にご利用いただけます。
東京ドームシティ アトラクションズ公式FB:
https://www.facebook.com/
TokyoDomeCityAttractions/

お化け屋敷「怨霊座敷」公式LINE@アカウントLINE ID:cmb1149y

[お化け屋敷プロデューサー:五味弘文氏]

お化け屋敷プロデューサー:五味弘文氏
五味弘文氏

1957年、長野県生まれ。

1992年から、東京ドームシティ アトラクションズのお化け屋敷を手がける。お化け屋敷にストーリーを持ち込み、お客様に役割を担わせることでそのストーリーに参加させるスタイルを確立する。

東京ドームシティ アトラクションズでプロデュースしたお化け屋敷の代表作に、赤ん坊を抱いて歩く『赤ん坊地獄』、手錠に繋がれて歩く『恐怖の手錠地獄』、十年間隠れたままの男の子を見つける『恐怖のかくれんぼ屋敷』、怨霊の薬指に指輪をはめる『呪い指輪の家』などがある。
2017年夏には札幌、大阪、熊本など全国9ヶ所でお化け屋敷を展開するなど、お化け屋敷プロデューサーとして全国各地で活躍中。

『人はなぜ恐怖するのか?』(メディアファクトリー)、『お化け屋敷になぜ人は並ぶのか』(角川oneテーマ21)、小説『憑き歯~密七号の家』(幻冬舎文庫)などの著書もある。

[チームラボ]

チームラボ

最新のテクノロジーを活用したシステムやデジタルコンテンツの開発を行うチームラボは、アーティスト、プログラマ、エンジニア、CGアニメーター、数学者、建築家など、デジタル社会の様々な分野のスペシャリストから構成されているウルトラテクノロジスト集団。アート、サイエンス、テクノロジー、クリエイティビティの境界を越えて、集団的創造をコンセプトに活動している。47万人が訪れた「チームラボ 踊る!アート展と、学ぶ!未来の遊園地」(2014年)、「ミラノ万博2015」日本館をはじめ、シリコンバレー、台北、ロンドン、パリ、ニューヨーク、中国、シンガポールなど国内外で常設展およびアート展を開催。東京・お台場に《地図のないミュージアム》「森ビルデジタルアートミュージアム:エプソン チームラボボーダレス」を常設。2020年秋まで東京・豊洲に超巨大没入空間「チームラボ プラネッツ TOKYO DMM.com」開催中。
URL : http://www.team-lab.com/